塩害・凍害に対する取組み
ナベシマのギ木製品は「Bメント」を使用したプレキャストコンクリート製品です。(※本社工場製造分のみ)

Bメントとは、高炉スラグ微粉末度6000(比表面積)が40〜45%混入された「コンクリート二次製品用高炉セメントB種」です。
品質規格はJIS R 5211高炉セメントB種に適合します。
塩害とは、コンクリート中に塩化物イオンClが一定量以上存在すると、鋼材(鉄筋やPC鋼材など)が腐食し、コンクリート構造物に損傷を与える現象です。Bメントを用いることで高炉セメントB種同様に「アルカリ骨材反応の抑制効果を持つ」「化学抵抗性が大きい」「塩分遮蔽性が高い」「長期強度の増進が大きい」「水密性が大きい」これらの性質を持った高品質なコンクリートになります。塩害の起こりやすい海岸沿いや、その周辺で施工されるギ木製品に対して、大変有効なコンクリートです。
凍害とはコンクリート内部にある水分が凍結・融解を繰り返した結果、コンクリート表面のスケーリング、微細ひび割れ、ポップアウトが発生し、コンクリート構造物に損傷を与える現象です。Bメントを用いた製品は耐凍害性に優れている性質も兼ね備えているので、寒冷地域でもお使いいただけます。

塩分浸透試験(浸漬法)EPMA面分析結果

塩塩分浸透試験(浸漬法)EPMA面分析結果画像

高炉スラグ微粉末を混入することで、塩分の浸透を抑制することが知られています。普通ポルトランドセメントとBメントを比較した場合、Bメントを用いた方が、塩分の浸透を抑制していることが、塩分浸透試験(浸漬法)のEPMA(電子線マイクロアナライザー)面分析結果で解ります。
※画像クリックで拡大、さらにクリックで閉じます。

耐用年数50年時点での鋼材位置における塩化物イオン濃度の設計値

耐用年数50年時点での鋼材位置における塩化物イオン濃度の設計値グラフ

環境負荷低減効果

耐用年数50年時点での鋼材位置における塩化物イオン濃度の設計値グラフBメントに混入されている高炉スラグ微粉末は、製鉄所から生成される副産物を再利用し、セメントと置換することでCO2の排出量を大幅に削減出来ます。

凍結融解試験結果 JIS A1148(A法)【Non-AEコンクリート】

凍結融解試験結果 相対動弾性係数グラフ

凍結融解試験結果 相対動弾性係数グラフ

当社における塩害・凍害対策工法

以上の取り組みを当社では行なっています。

資料

「塩害・凍害に対する取組み」のPDF版もご用意しております。

▲ページトップへ戻る▲